You are here: Home > >

不貞行為の証拠となるもの

不貞行為が原因で離婚請求を行う場合には確たる証拠が必要になります。裁判所は詐欺や詐欺行為を防ぐため、不貞行為の証拠を厳しく制限しています。不貞行為の証拠として裁判所に提出するものにはさまざまなものがありますが、提出するものによりその効力に大きな違いがあります。不貞行為の証拠として一番優れているものにビデオや写真があります。愛人と2人でホテルに出入りしている場面を取ることができれば肉体関係を推認することができますが、2人で旅行に行くや愛人の部屋に入っていくだけでは証拠として弱い部分があるようです。

録音テープというものも証拠として提出することができます。夫婦間の話し合いの中で、配偶者が不貞行為を認めるような発言をした場合にそれをテープに録音しておくと証拠として提出することができます。ねつ造や変造される危険のあるデジタル音声では証拠能力が弱いとされることもあるので、アナログ式のものに録音しておくといいです。ただし録音でも電話の内容を盗聴したものなどは人権侵害に当たるので、反社会的な行為による録音は提出することができません。

最近、不貞行為の証拠として電子メールを提出するケースが増えてきています。相手のメールのやり取りを見て不貞行為の事実が発覚するケースが増えており、それをカメラで撮ったりして提出するのですが、メールの内容に書かれていることに肉体関係を示すようなことが書かれているケースは少なく、能力は弱いです。交際していた事実を示す状況を示すものとしての能力は十分ですから、まったくなしというよりは裁判で有利に働くこともあります。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans